錠剤を飲むことによって手汗を軽減させる商品もあります。服用するだけで身体から出る汗を抑制することができその効果は手汗の改善にも及びます。簡単に服用でき対策できるところが錠剤のタイプのお薬のメリットです。

化粧品のハンドクリームのような手汗対策商品も3種類ほど販売されています。

クリームを塗り広げるタイプのお薬のメリットは出勤前やトイレの後などに手のひらに塗り込むことができるところです。

また、手肌に優しいお薬が多く、手荒れしやすい女性の方にとっては心強い手汗の制汗剤です。

市販されている手掌多汗症対策の商品はいくつか種類があります。

ふたつ目は手の平にボトックス注射というお薬を打って手汗を改善させる方法です。

この方法は半年程度効果が持続し、手の発汗を抑えられるといわれています。

ボトックス注射も病院で処置をしてもらう必要があり、一回の注射でかかる治療代は数万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはないでしょう。手掌多汗症を改善する方法はざっくりふたつあります。自律神経を刺激しないようにして手汗を改善させるというものです。

食事や睡眠など規則的な習慣を身に着けたり、訓練によって緊張しないようにして掌の発汗を抑えようとするものです。

もう一つは専用のお薬や病院での処置によって無理矢理手汗を抑える方法です。

手汗は悩んでいる本人にしか悩みの深さがわかりません。

症状がない人から見れば小さなことだと思うでしょうが、当事者からすれば人格形成に影響を及ぼすほどの悩みです。

病院に通うのがメンドウな人でも手軽に自分でできる制汗剤がたくさん発売されていますので、効果があるか実験してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると良いのではないかと思います。最も有名なものは塩化アルミニウムを高濃度で配合した手掌多汗症の対策商品です。

薬によって塩化アルミニウムの配合量が異なり、濃度が高い商品ほど手汗を改善することができますが肌の弱い方は痒みや痛みを感じる可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入る商品では塩化アルミニウムの割合が様々なものがあります。熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。

私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。

手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。

三つ目の方法は塩化アルミニウムという成分を配合した薬品でしつこい手汗を改善させるという方法です。

この塗布薬は掌の汗腺を塞ぐことで手掌多汗症を抑える効果を得られます。皮膚科でも貰えますが市販の商品も何種類かあるので通院しなくても手軽に手汗の改善を自分で対策を良いところです。ひとつは皮膚科で手術が必要で手汗を止めるという手法です。

手掌多汗症が改善される効果は大きいのですが手術代も高額になりがちです。

処方してくれる病院についてはこのあたりを参考にしてみてはどうでしょうか↓

多汗症(手汗足汗)のお悩み改善情報